オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーの個別カウンセリング・適性検査および装用体験は完全予約制です。
お電話にてお問い合わせください。

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは、突出した角膜を特殊な矯正用レンズを用いて平坦化し、視力を矯正する技術です。アメリカで30年以上前から研究され、信頼と歴史のある研究成果物です。研究が始められた当時は角膜を矯正する為に1ヶ月近くの矯正期間が必要とされていましたが、飛躍的な進歩の結果、現在では数時間で顕著に効果が現れるのが普通になり、より身近な矯正法として認められています。オルソケラトロジーの特徴は、寝ている間にレンズを装着して角膜を矯正する為、昼間は裸眼で生活ができる点です。素晴らしい矯正法といえます。日本で医療許可を受けるよりはるかに難しいとされるFDA(全米食品医薬局)の認可を取得済みで、その安全性に関して不安はありません。既にアメリカ国内では120万人以上が治療を受け、快適な裸眼生活を送っています。 日本でも2009年4月から厚生労働省により認可されました。
当クリニックでは、オルソケラトロジー講習を受けた眼科専門医による診察と十分な説明を受けた上で実際にお試しいただき、その効果を十分に体験していただけますので、お気軽にご相談下さい。
 
 

※オルソケラトロジーのメカニズム

 

特殊にデザインされた高酸素透過性コンタクトレンズを用い、角膜の前面を平坦化し、視力を補正します。従来のコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝るときにレンズを装用し、日中ははずします。補正した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でもよく見えるようになります。手術をせずに、角膜の負担の少ない安全な方法で近視および近視性乱視を矯正することができる、新しい屈折矯正法です。

 

※オルソケラトロジーの特徴

 

①コンタクトをはめて寝るだけで視力回復!
 
②日中はメガネもコンタクトも必要なし!
 
③ケアはハードコンタクトと同じ!
 
④スポーツも安全に思いっきり楽しめる!
 
⑤子供の治療効果は抜群!

 
 

※オルソケラトロジー治療の流れ

 

STEP1 個別カウンセリング
  オルソケラトロジーについてのご説明をいたします。完全予約制ですので、お電話などで事前にご予約下さい。
 
STEP2 適性検査・装用テスト
  視力や角膜形状などの検査を行い、実際にレンズを数時間ほど装用して視力の回復を体験していただきます。
 
STEP3 治療申込み・レンズ発注
  適性検査に合格し、治療契約が成立したら、あなた専用の特注レンズを作成いたします。
 
STEP4 レンズお渡し・取扱い講習・治療開始
  特注レンズが完成したら、取扱いの講習を受けていただき、治療開始です。
 
STEP5 定期検査
  1~2日目: 角膜に形がつき始めます。レンズの動きなどをチェックします。
  1週間目: 早い方は1週間で希望視力になります。
  1ヶ月目: 近視の強い方でも希望視力になります。
  3ヶ月目: 安定期に入っている状態です。
  以後は1〜3ヶ月毎の定期検査になります。
  治療効果の確認と目に異常が起きていないかをチェックする為に、定期検査を必ずお受けください。

 

オルソケラトロジーQ&A

Q1 どんなコンタクトレンズを使うの?
角膜を押さえつけるように、内側が特殊な形状をしたハードコンタクトレンズです。就寝中の酸素不足を起こさないように、酸素透過性が非常に高いレンズを使用しています。


Q2 年齢制限はあるの?
年齢制限はありません。近視手術を受けられない未成年のお子様にもお受けいただくことができます。お子様のほうが角膜の柔らかいので、矯正しやすく、効果がでやすいと同時に持続すると言われています。


Q3 効果はどれくらいで出るの?どのくらい視力が保たれるの?
個人差はありますが、1週間から1ヶ月くらいで効果が得られます。コンタクトレンズを装用しないと角膜の形が元に戻りますが、なかには週数回の装用で視力が安定する方もいらっしゃいます。


Q4 保険は使えるの?
健康保険は使えません。保険外診療(=自費診療)となります。


Q5 危険はないの?
手術と違って、装用を中止すれば角膜の形は元に戻ります。ただし、コンタクトによる角膜のキズや炎症・感染などの危険がありますので、定期的に眼科を受診していただき、早急な治療を要する場合もあります。

ページの先頭へ