日帰り手術

日帰り手術

実際の白内障手術風景です。患者様の同意を得て撮影しております。

 
 

手術当日帰宅時、および翌日来院時の送迎を承っております。
 ご希望の患者様は、手術手続きの際にお気軽にお申し出ください。

日帰り手術のメリット

・入院による環境変化などの精神的ストレスがない
・ご自宅でゆっくりと静養できる
・お仕事や家庭への支障を少なくできる
・入院にかかる費用を軽減できる

手術の流れ

手術前
 カウンセリング、手術日のご相談・決定、術前検査(血液検査・各種測定検査)。
 基本的に全身への影響はない手術がほとんどですが、万が一に備えて事前に血液検査をお受けいただきます。
 必要があれば内科受診をお勧めし、手術時期を延期する場合もあります。
 
手術当日

 来院後、手術衣にお着換えいただき、直前診察をお受けいただいてから手術室へご案内いたします。

 手術中は万が一の体調の変化に備えて、点滴・各種モニター(心電計・血圧計・血液酸素濃度計)をおつけいたします。

 手術時間は10分から30分程度(手術内容による)で、いずれも局所麻酔で行います。

 緊張と不安を和らげ、少しでもリラックスして手術をお受けいただけるように、BGMをおかけしています。

 手術後は、美味しいお茶を飲みながらお休みいただき、特に問題がなければ、お帰りいただきます。
 
術後の定期検査(手術内容に応じて)

 術後1日目~3日目・1週間・2週間・1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月で診察をお受けいただきます。

 術後1週間は、きちんとキズが治ってきているかを確認します。
 その後は、手術後の状態の評価や、炎症の再燃・疾患の再発などの確認を行います。

 

手術設備

・手術顕微鏡
 革新的な光学設計により、異次元の見え方を実現し、多くの眼科医から驚嘆の声があがった手術顕微鏡を導入しております。
 (よく見えることは手術の安全性にとって最も大切なことです)
 
・超音波白内障手術装置
 信頼性に優れたベストセラーの手術器械で、濁った水晶体を細かく砕いて吸い取ります。
 
・手術用イス
 電動リクライニングで、無理のないリラックスした姿勢で手術をお受けいただけます。
 
・滅菌装置
 ガス滅菌装置・高圧蒸気滅菌装置・オゾン水生成装置を備えており、手洗いや器械の消毒を行っています。
 
・術中モニター
 心電図・血圧計・血液酸素濃度を測定し、術中の体調の変化を監視します。

対応手術

・白内障手術
・結膜手術: 翼状片・結膜弛緩症など
・眼瞼手術: 眼瞼下垂・内反症・外反症・眼瞼腫瘍など
・涙点手術: 涙点閉鎖・涙点形成術など
・緑内障手術

※外来にて行う小手術

以下は、外来処置室・特殊検査室にて行います。
・ものもらい(霰粒腫切開)
・ドライアイ治療(涙点プラグ挿入)
・先天性鼻涙管閉塞治療(涙道ブジ―)
・レーザー治療(網膜疾患・後発白内障・緑内障)

ページの先頭へ